歯科受付という仕事

歯科受付がしたいなら

トップ / 歯科受付がしたいなら

歯科でのメンテナンス情報

歯科の受付の仕事について

歯科の受付の仕事は主に患者さまの対応、お会計、予約をとる、電話応対などがあります。その医院の顔といっても過言ではないでしょう。歯医者に入って1番最初に接するのは受付です。ですからきちんと誠意をもって接し、またその患者さまがなにを求めているのかを汲み取ってあげることが必要です。また、患者さまの治療内容を把握して次回のご予約をとることも行います。助手の仕事をしないとしても、ある程度は歯科治療の内容を理解していなければ予約のとり方は難しいかもしれません。中の仕事をしている人たちとうまく連携をとって動くことで患者さまにとっても、働く側にとっても快適な環境になると思います。

病院受付の仕事について

病院には、必ず窓口が存在します。これまでの受診の有無を伝えたり、保険証の提示をする場所です。そこを通過して初めて診察を受けることができます。歯科の病院にももちろん受付窓口があり、クリニックであれば窓口対応、患者様への電話対応、次回の予約対応、診療費の計算・会計、雑用や院内掃除、又時には診療のお手伝いもあり、多岐に渡ります。大きな病院であれば、各診療科ごとに窓口があります。受付は、患者様が来院した際に、1番最初に顔を合わせる場所です。病院の顔そのもの、その歯科のカラーが現れる場所でとても重要なポジションといってよいでしょう。