歯科で治療できます

歯科で診察してもらおう

トップ / 歯科で診察してもらおう

歯科でのメンテナンス情報

歯科で歯茎のチェックをする

歯磨きをしているときに、出血することがある人は、歯科で歯茎のチェックをしてもらいましょう。歯茎が炎症を起こしていると、歯ブラシの先端が当たった刺激で、出血しやすくなっています。炎症が慢性化してしまうと、歯周病の悪化や、虫歯の原因になっていきますから、なるべく早い段階で、歯茎を健康な状態に戻すことが大切です。歯茎を健康な状態に戻すためには、正しいブラッシングをすることが重要ポイントになります。ブラッシングは大切です。

口内のトラブルは歯科で解決

歯茎から血が出たからといってブラッシングをしなくなると逆効果なのです。歯科で、この程度の出血ならば問題ないですよと教えてもらうと良いでしょう。一時的な出血は、すぐに止まります。適切なブラッシングをして、汚れを除去して、健康な口内環境になっていれば、歯茎の炎症は治ります。無理してブラッシングをするのは良くありませんが、過剰な反応を起こして歯磨きしなくなるのは、悪循環の原因になってしまうので、歯科でしっかりしたアドバイスを受けましょう。