歯科にメンテに行こう

歯科での定期健診する理由

トップ

歯科でのメンテナンス情報

歯科での定期的なメンテナンス

歯周病による悪影響は広く知られていることですが、その防止に関しては定期的な歯石除去が最も有効です。最近では多くの歯科で数ヶ月ごとの歯のメンテナンスを推奨しており、メールや電話で予約日を連絡してくれるサービスを実施しています。歯石除去と同時に虫歯チェックも行ってくれますので、虫歯が発見されても悪化する前に簡単な治療で済ますことが可能です。また、健康な歯を維持することが、歯科での8020運動(80歳で20本の自分の歯を持っていること)が提唱するところのいつまでも自分の歯で美味しく物が食べれる楽しい生活づくりに寄与するのです。

定期的な歯石除去について

歯科で除去してもらえる歯石は歯ぐきや歯の根元に付着する石灰化したもので、歯肉炎や歯周病の原因とされています。歯石は歯などに強く付着しており、歯ブラシでのブラッシングなど家庭でできる一般的な方法では歯石除去は難しいと言われています。そのため、歯石が出来てしまった場合には歯科に通院し、医師または衛生士による歯石除去を行うことで、歯周疾患の予防や、すでに罹ってしまった場合は治療や再発防止ができます。歯石の除去は健康保険適用になります。ただし、歯石を作らないためには日常的に歯磨きを行い、口腔内を清潔に保つことで防止されます。